« 今日のワイン シャトー・ファヴレー2005 | トップページ | 今日のワイン アッサンブラージュ2005 »

2007年6月 6日 (水)

年金記録漏れ問題の背景にあるもの

社会保険庁の年金記録漏れが5000万件にも及ぶということが話題になっている。

「社会保険庁は何やっている」とか「潰してしまえ」という声が高いみたいだけど、

この問題の本質は、年金記録の照合という地味な仕事を一生懸命やるということが

組織の中で評価されないということにあるのではないだろうか。

エレベーターや遊具の事故だって、「メンテナンス」という地味な仕事を

軽視した結果だろうし、農林大臣が自殺した緑資源機構の問題でも、

「森林の整備」という地味な仕事を嫌がり、「林道の整備」という

おいしい仕事だけを追求した結果ではないだろうか。

こうした、「地味な仕事を軽視する」という風潮を一掃しないと、

また同じ問題を繰り返すだろうし、他の組織でも同じ問題が起きる。

マスコミや国会で、こうした本質的な議論が起きないのは、

彼ら自身が「地味な仕事」を軽視しているからに他ならないのだろう。

|

« 今日のワイン シャトー・ファヴレー2005 | トップページ | 今日のワイン アッサンブラージュ2005 »

コメント

 賛成!
 高級官僚は、地味な仕事をバカにするところがある、と思います。
 特に厚生省のキャリアは、社会保険庁なんてと思っていたのでしょう。

投稿: 経済ニュースゼミ | 2007年6月 6日 (水) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66957/6682310

この記事へのトラックバック一覧です: 年金記録漏れ問題の背景にあるもの:

» 新しくコミュを作ったので、是非参加してください。 [SNS招待しまぁす♪♪]
盛り上げたいので是非参加してください!!男性の方も是非!! [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 13時01分

« 今日のワイン シャトー・ファヴレー2005 | トップページ | 今日のワイン アッサンブラージュ2005 »