« 北海道夏の旅(3) 千歳&ノーザンホースパーク | トップページ | 農水省は業態の見直しをすべき »

2008年9月13日 (土)

事故米・農林水産省解体論

事故米の問題は、農薬やカビ汚染の米を食用に卸した業者の責任は勿論大きいが、そもそも、食用にならないコメをノリ業者でなく、なんとかフーズに売ってしまった農林水産省の責任も大きいといわねばならない。しかも検査に何度も行ってもわからなかったというのはどういうことだろうか? 裏があるような気がする。

さらに、次官が「自分たちに責任はない」と言ったり、「公衆衛生は農水省の仕事ではない」と

幹部

が平然と言ったりする役所は社保庁同様解体すべきだろう。

具体的には、業者対策は経済産業省と合併し(元々農商務省だった)、公共事業は国土交通省に、消費者対策は今度できる消費者庁、そして林野庁は環境省に移せばよい。組織を解体しないと彼らは悔い改めないだろう。

もし、人体に影響がないと言うんだったら、基準の2倍という言い方ではなく、もう少しわかり易く説明すべきだろう。

|

« 北海道夏の旅(3) 千歳&ノーザンホースパーク | トップページ | 農水省は業態の見直しをすべき »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事故米・農林水産省解体論:

» 消費者向けローン比較ナビ [消費者向けローン比較ナビ]
消費者向けローン比較ナビ [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 07時28分

« 北海道夏の旅(3) 千歳&ノーザンホースパーク | トップページ | 農水省は業態の見直しをすべき »